ヘッダー画像

【沖縄県】おすすめの住宅メーカーランキングTOP3

アイム・ユニバース
アイムユニバースの画像
おすすめポイント
憧れのリゾート邸宅を実現!こだわりと理想をつめこんだ住まいをサポート
もっと詳しく
プレステージホーム沖縄
プレステージホーム沖縄の画像
おすすめポイント
木のぬくもりを感じられる注文住宅を提案!機能性も申し分ない住まいを実現
もっと詳しく
クレバリーホーム
クレバリーホームの画像
おすすめポイント
住まいを建てたあとのコストに注目!家族が健康に暮らせる家づくりも提案
もっと詳しく

沖縄県でおすすめの住宅メーカーをランキング形式で紹介します!

マイホームを建てるためには、その地域の住環境や地域特性をよく理解し、最適な住宅メーカーに依頼することが大切です。また家づくりには多くの知識が必要であり、失敗を防ぐためにも知っておきたいポイントがいくつもあります。もしこれから沖縄県で家を建てたいのなら

・沖縄県の土地相場や住みやすさ
・家づくりにありがちな失敗
・注文住宅を建てる流れ

などについては、事前に調べておかないと思ったような家づくりができないかもしれません。そこで当サイトでは、家づくりに関するさまざまな情報をまとめてご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

またWEBアンケートをもとにおすすめの住宅メーカーをランキング形式でご紹介しています。そのほかにも「沖縄県の家づくりの特徴」「住宅メーカー選びのポイント」などについてもご紹介します。このような基本的な情報を知っておくと、いざ家を建て始めようとした際にもきっと役立つはずです。

当サイトの情報を参考に沖縄県での家づくりについて理解を深め、家族が快適に安心して住み続けられる家を手に入れましょう。

【沖縄県】おすすめの住宅メーカーランキング一覧!

アイムユニバースの画像1
憧れのリゾート邸宅を実現!こだわりと理想をつめこんだ住まいをサポート

アイム・ユニバースの「&RESORT HOUSE」はリゾート邸宅として、屋上テラスのある暮らしを実現します。バーベキュー、おうちキャンプ、屋外ヨガスタジオ、子どもたちやペットの遊び場など、さまざまな形で楽しむことができるこだわりの住まいで、リゾートのような特別な時間を過ごすことができるでしょう。

建物の揺れを最大70%軽減する制震システムや、独自の制震ダンパーを導入しているため、台風が多い沖縄でも安心です。

アイム・ユニバースの強み

日常が非日常に、非日常が日常に。屋上テラスのある暮らしを実現するリゾート邸宅

アイム・ユニバースの口コミ・評判を集めました

Hiroshi Yazawa
屋上テラスなど設備の質が高い
新築の一戸建て住宅を購入しました。屋上テラスや家具が付いていたりと設備の質が高くとても満足しております。夏になったら子どもたちと屋上テラスで遊ぶのが楽しみです。相談から全て丁寧に対応していただいたので、終始安心できました。

引用元:https://www.google.com/

SACHIKO
安心して住める注文住宅
新築戸建て住宅を買いました。とにかく外観と内装、設備がおしゃれです。今まで賃貸マンションだったので本当に夢のようです。 そのほかには、耐久性とか安全性もかなり考慮されているんで、安心して住むことができています。家を自慢したくて、ほぼ毎週知人を招待して食事をしています。最初の見学から契約後のフォローまで、スタッフさんが丁寧で話しやすかったです。

引用元:https://www.google.com/

アイム・ユニバースの基本情報

特徴
リゾート邸宅として、屋上テラスのある暮らしを実現可能。ジェットバス・浴室TVなどのハイグレードな設備が標準仕様。
住宅性能
国土交通大臣認定の、独自の制震ダンパーのAIM DAMPER[アイムダンパー]を導入しているため、台風が多い沖縄でも安心。
耐風性、断熱性など機能性に優れた「ヘーベルパワーボード」で夏は涼しく冬は暖かく、丈夫な住まいを提供。
商品・住宅ブランド&RESORT HOUSE、&RESORT HOUSE 琉球
問い合わせ
電話、問い合わせフォーム
会社・店舗情報
株式会社 アイム・ユニバース 沖縄支社
〒901-2114 沖縄県浦添市安波茶2-1-2 宮城ビル105

アイム・ユニバースの所在地

プレステージホーム沖縄の画像1
木のぬくもりを感じられる注文住宅を提案!機能性も申し分ない住まいを実現

プレステージホーム沖縄は木を使った上質空間を提供しています。空間設計でありながら、ぬくもりに包まれたような安心の家は、家族との理想の暮らしを実現してくれるでしょう。

熱損失、熱流入の激しい開口部の断熱を徹底しているのも特徴です。優れた断熱窓や断熱材を採用することで、快適な室内環境を維持できるので、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。

プレステージホーム沖縄の強み

長期優良住宅のクオリティとメリットをそのままに、収納豊富な平屋住宅を実現

プレステージホーム沖縄の口コミ・評判を集めました

しょーやん
シロアリ保証30年
自分が1番気に入った特徴は、配管が埋められておらず壁に剥き出しになっている所でした。なぜなら、何かあっても自力でメンテナンス出来るからです。ちなみに、シロアリ保証が30年もあるんです。他ではないでしょう。ほぼローンを組む年数ですね。 それは会社の自信なのではないかと思います。屋内は明るい間取りとなっており、6畳対応のエアコンで室温が管理できるくらい省エネ構造です。木の特徴を活かした暖かい作りです。スタッフは木の特徴について熟知しており、湿気の多い沖縄でも十分安全に生活できる事を納得するまで説明してくれます。

引用元:https://min-myhome.jp/

糸満市 Kさん
自慢のデッキでBBQ、友人とビールで乾杯!
我が家は風通しがとても良いので窓を開けて、リビングの和室コーナーでゴロンと横になるのが気持ち良いんですよ。休みの日には友達を呼んでバーベキュー。 数えきれないくらいモデルルームを見て回った中で、「あっちが一番じゃない?」と夫婦の意見が一致したのがプレステージでした。元々木造の家を建てたいと思っていたし、 営業の方の知識が豊富なのに驚いて。土地探しの相談をしても色々な面から的確なアドバイスをしてくれるので、頼りになるなと感じました。

引用元:https://prestige-okinawa.jp/

プレステージホーム沖縄の基本情報

特徴
長期優良住宅のクオリティとメリットをそのままに、収納豊富な平屋住宅を実現。
住宅性能
夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるよう、熱損失、熱流入の激しい開口部の断熱を徹底。優れた断熱窓や断熱材を採用し、快適な室内環境を維持。
商品・住宅ブランド
デュークスパフェ、スキップフロア、空 andなど
問い合わせ電話、問い合わせフォーム
会社・店舗情報
プレステージホーム沖縄株式会社
〒900-0032 沖縄県那覇市松山1-1-19 JPR那覇ビル6階

プレステージホーム沖縄の所在地

クレバリーホームの画像1
住まいを建てたあとのコストに注目!家族が健康に暮らせる家づくりも提案

クレバリーホームは「品質」と「ゆとり」にこだわった“ひとクラス上の住まい”を提供しています。一年中気持ちよく過ごせる暮らしを叶えるために、住まい全体で断熱構造が考えられているのが特徴です。

また、外壁には確かな品質の外壁タイルを使用。何十年先までも色褪せない美しさが、住まいを末永く彩ります。住宅には地震に強いプレミアム・ハイブリッド構法を採用。家族の安心を支える強い住まいを約束しています。

クレバリーホームの強み

構造、素材、工法にこだわった独自技術!20年先、30年先も安心の災害に強い住まい

クレバリーホームの口コミ・評判を集めました

200%さん
クレタイル
何軒かハウスメーカーの見積もりをとりました。それぞれ良いところはありましたが、やはり予算もありますので断念するメーカーもありました。そんな時、友人がクレバリーホームで建てたお宅が素敵だったと聞き、展示場に行きました。 CMでやっている通りタイルに力を入れており、いろんな種類のタイルがありました。友人がちょうど外壁の塗り替えをしたという話を聞き、10年で塗り替えは大変だなと思っており、タイルはしなくて良いと聞きとても興味が湧きました。主人もタイルは重厚感があり気に入りました。見積もりも予算と見合っていたので決めました。

引用元:https://minhyo.jp/

匿名希望さん
耐震性で選びました
選んだ理由ですが、安さやCMによる知名度もありますが、一番は耐震性が気に入った点です。通し柱が普通の家の4倍ほども多く頑丈な作りなうえ、在来軸組法に面材を多く用いる事により、強度も増すという事です。 耐震にこだわるのは、地元に大きな地震が発生し、今後も再発する可能性もあるという事からです。実際住んだ感想はですが、やはり地震がありましたが、びくともしませんでした。メーカーの言う通りです。いくら住み心地が良くても、倒れたり痛んでしまっては意味がないと感じました。 また、遮音性に優れています。外部の騒音が軽減されるので夜間などは助かります。

引用元:https://minhyo.jp/

クレバリーホームの基本情報

特徴
住まいの「品質」と「ゆとり」にこだわり、思いを満たす“ひとクラス上の住まい”をカタチにする。
住宅性能
外壁や窓、床・天井など、住まい全体で断熱構造にしている。自然の風や陽の光を楽しみ、一年中気持ちよく過ごせる。
商品・住宅ブランド
Vシリーズ、CXシリーズ
問い合わせ
問い合わせフォーム
会社・店舗情報
クレバリーホーム 那覇店
〒902-0065 
沖縄県那覇市壺屋1-33-12プラージュ壺屋1F

クレバリーホームの所在地

パナソニックホームズの画像1
アフターサポートが充実!住む人の視点に立った住まいづくりが人気

パナソニックホームズの注文住宅は、安心・快適が続く住まいです。家族の安全、そして大切な資産をしっかり守るため、頑丈で耐久性が高い鉄骨と、優れた構造技術を採用。大地震や繰り返し発生する地震にも強い、強固な構造体を実現しています。

優れた住宅性能と空調設備の工夫で家全体で省エネを推進しているのも特徴です。心地よい環境を実現しながら「空調+換気」にかかる電気代を一般的な全館空調に比べて約26%削減します。

パナソニックホームズの強み

家全体で省エネを推進!心地よい環境ながら「空調+換気」にかかる電気代を削減する

パナソニックホームズの口コミ・評判を集めました

匿名さん
とても分かりやすい説明が印象的だった
以前、知人の紹介で知り合った営業マンが、こちらの要望に対してとても丁寧に対応してくれて、建築関係の素人の私達でも分かりやすく説明で勉強になりました。間取りの相談でも、対応可能なこと、不可能なこともごまかさずに正直な回答もしてくれましたし、できない理由も明確でした。 しかも、設備関係でも不必要だったり、過剰設備な場合でも、正確なデータを参考に教えてくれて、費用の節約になったと思います。

引用元:https://minhyo.jp/

アルピナさん
剛性がしっかりしている!
エアロハスだけは不要だったのでカサートSにしましたが、内装外装すべての材料をパナソニックLクラスのみならず、TOTOの最高機種なども希望通りに選択させていただき、本当に最高な邸宅が出来上がりました。 ただ坪単価は110万少々となりましたが、猛烈な台風が来てもびくともしない剛性感が本当に安心感があります。

引用元:https://minhyo.jp/

パナソニックホームズの基本情報

特徴工夫を積み重ね、家全体で省エネを推進。心地よい環境と「空調+換気」にかかる電気代を一般的な全館空調に比べて約26%削減する。
住宅性能家族の安全と大切な資産をしっかり守るため、頑丈で耐久性が高い鉄骨と、優れた構造技術を採用。繰り返し発生する地震にも強い強固な構造体を実現している。
商品・住宅ブランドフォルティナ、カサート、カサート プレミアムなど
問い合わせ問い合わせフォーム
会社・店舗情報パナソニックホームズ 那覇新都心展示場
〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅2-11-17

パナソニックホームズの所在地

タマホームの画像1
良質さと低価格を兼ね備えた住まいづくりが人気!安心の保証サービスもあり

タマホーム 沖縄営業所は、こだわりを叶える自由設計、安心して長く住める耐震性と耐久性、暮らしを快適にする設備の数々を提供しています。それぞれの住まい方にあわせた“良質低価格”の商品ラインナップが豊富に揃えられているので、自身にぴったりの住まいづくりが実現できるでしょう。

住まいに安心の保証と保険を、引渡し後の10年間付けているのも特徴です。大切なマイホームをいつまでも末永くサポートしてくれます。

タマホーム 沖縄営業所の強み

優れた耐震性・耐久性を備えた住まいを提供!基礎や構造などの強度にこだわっている

タマホーム 沖縄営業所の口コミ・評判を集めました

焦げ焦げ茶
親切に説明してくれた
非常に親切な対応でした。ローコスト住宅をもとめてで来場しましたが、沖縄では県外とは異なり資材運搬費等が発生するため、うたわれているローコストの値段では提供できないとのこと。上記についてとても親切に説明してくれました。 沖縄では台風があるため鉄筋コンクリートでなければいけないという認識が強いですが、それは昔の沖縄の誤った認識で、気候的にもタマホームさんがつくっている木造住宅がいいとのこと。とても勉強になりました。

引用元:https://www.google.com/

スズおばさんさん
何年経っても住み心地が良い
タマホームさんで、家を建ててから10年以上たちますが、快適に暮らしてます。1度キッチンの排水溝が、詰まった時に連絡すると素早く対応して下さり助かりました。家の中は、冬は暖かく外の雑音も聞こえず静かに暮らせます。建物も頑丈でびくともしてません。これからも安心して住めます。

引用元:https://minhyo.jp/

タマホーム 沖縄営業所の基本情報

特徴
高い住宅性能をさらに進化させながら「大安心の家シリーズ」をはじめとした、住まい方にあわせた豊富な“良質低価格”の商品ラインナップを用意している。
住宅性能
基礎や構造などの強度にこだわることで、優れた耐震性・耐久性を備えた住まいを提供。
商品・住宅ブランド
大安心の家、木麗な家など
問い合わせ
電話、問い合わせフォーム
会社・店舗情報
タマホーム 沖縄営業所
〒904-0102 沖縄県中頭郡北谷町字伊平517番

タマホーム 沖縄営業所の所在地

憧れのプール付き注文住宅!気になる維持費も解説!
ロイヤルハウスの口コミや評判
ユニバーサルホームの口コミや評判
ユートピア設計ネットワークの口コミや評判
サイエンスホームの口コミや評判
イシンホーム住宅研究会の口コミや評判

沖縄県の住みやすさは?

沖縄県の住みやすさは?の見出し画像

まずはこれから沖縄県に家を建てる方のために、沖縄県の住みやすさや気候など、沖縄県の魅力についてご紹介していきます。さらに沖縄県の土地相場やエリアごとの特徴についても解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

沖縄県ってどんなところ?

沖縄県は日本の最南端に位置し、沖縄本島を中心に150以上の島から構成される県です。美しい海や森といった豊かな自然環境が魅力で国内屈指の観光地として知られており、国内外から多くの方が訪れる場所でもあります。

また歴史的な建造物や世界遺産として登録されている場所もたくさんあり、歩くだけでも特別な雰囲気を味わうことがでます。

沖縄県は温暖な気候であることも人気の理由で、1年を通じて気温が10度以下になることはほとんどなく、反対に30度を超える日は100日以上となることもあるようです。また海洋性気候のため天気が変わりやすく、とくに8月~9月にかけてはたくさんの台風が上陸することでも有名です。

交通の面では2003年に「ゆいレール」というモノレールが開通し、現在では那覇空港駅~てだこ浦西駅間を移動することができます。ただしもともとは車での移動が一般的であったために、現在でも移動手段のメインは車です。沖縄観光に訪れた際も、レンタカーを借りて移動する方も少なくありません。

そして沖縄県の市役所や郵便局、図書館や税務署といった主要な公共施設はゆいレール沿線を中心に点在しています。とくに那覇市は多くの行政機関が集まる県の中心でもあり、商業施設も多く存在しています。

たくさんの特徴がある沖縄県ですが、多くの方が魅力を感じる点として住んでいる人々のおおらかさがあります。移住者を歓迎してくれる雰囲気でもあるため、初めて訪れた人にも気さくに話しかけてくれ非常に馴染みやすいといわれています。

沖縄県の土地相場や坪単価、エリアごとの特徴

これから沖縄県に住むなら、土地相場やエリアごとの特徴についても知っておきたい部分です。まず2022年における沖縄県の基準地価は、平均9万7,082円/㎡となっており、坪単価平均は32万934円です。そのほか沖縄県の市町村地価の上位10箇所は下記のようになっています。

那覇市:地価平均 30万9,894円/㎡、平均坪単価 102万4,445円/坪
浦添市:地価平均 15万5,152円/㎡、平均坪単価 51万2,902円/坪
北谷町:地価平均 13万1,328円/㎡、平均坪単価 43万4,144円/坪
宜野湾市:地価平均 13万1,328円/㎡、平均坪単価 43万4,144円/坪
豊見城市:地価平均 10万2,907円/㎡、平均坪単価 34万190円/坪
南風原町:地価平均 9万9,925円/㎡、平均坪単価 33万330円/坪
西原町:地価平均 9万2,442円/㎡、平均坪単価 30万5,596円/坪
嘉手納町:地価平均 8万3,350円/㎡、平均坪単価 27万5,537円/坪
沖縄市:地価平均 7万9,425円/㎡、平均坪単価 26万2,561円/坪
読谷村:地価平均 7万5,520円/㎡、平均坪単価 24万9,652円/坪

続いては沖縄県で人気のエリアとその特徴について見ていきましょう。

那覇市エリア

沖縄で一番の都会である那覇市には、商業施設や病院、博物館といった施設や、モノレールやバスなどの交通の便が充実しています。

多くの移住者が住んでいる都市でもあり、最近ではタワーマンションなど新しい建物も多く立ち並んでいます。オフィスも増えており、都心で仕事をする方に選ばれている場所です。

沖縄市エリア

沖縄市は那覇市に比べるとローカル感が強く、静かで家賃も安いです。こどもの国や沖縄総合運動公園、コザ運動公園などがあり、お子さんのいる方も遊ぶところに困りません。

また沖縄市ではイベントも多く開催されており、とくに全島エイサーが有名です。近年コザはITの街としても発展しており、コワーキングスペースやプログラミングスクールなども増えています。

うるま市エリア

東海岸沿いに位置するうるま市エリアは、冬でも北風の影響が少ないため沖縄本島のなかでもとくに温暖な地域です。

那覇から車で1時間程度のため都心にも出やすく、ショッピングモールやホームセンターなどもあるため生活で不便さを感じることはなさそうです。また車で行ける離島もあり、休日にのんびりと自然を楽しみたい方にもおすすめです。

名護市エリア

北部に位置する名護市周辺は、海が綺麗で緑が豊かなエリアです。名護の市街地はイオンやドン・キホーテなどもあり、公園や運動場のような公共施設も豊富なので、車があれば便利に暮らすことができそうです。ただし停電の多いエリアでもあるので、理解したうえで移住しましょう。

豊見城市エリア

豊見城(とみぐすく)は移住者が多いため、移住して来た方が馴染みやすいエリアです。

ウミカジテラスや美ら海SUNビーチ、アウトレットモールなど地元民にも観光客にも人気のスポットがたくさんあり、また大きな総合病院もあるので安心です。都会と田舎のいいところを混ぜたような住みやすい街だといえます。

このように沖縄県には自然や観光の面でも住み心地の面でも非常に魅力的な地域であり、移住やマイホーム購入にもおすすめです。物価の安さなどでも安心感があるので、都会の生活に疲れている方は沖縄県での生活を検討してみてはいかがでしょうか。

  • 沖縄県は温暖で住みやすく移住者を受け入れてくれる雰囲気がある街
  • エリアによっても魅力が異なるため、理想的な暮らしができる街を探そう

沖縄県の家づくりの特徴

沖縄県の家づくりの特徴の見出し画像

沖縄県でマイホームを建てるのなら、沖縄県ならではの家づくりの特徴についても知っておきたい部分です。どのような家を建てるかを考える前に、ぜひチェックしてみてください。

沖縄県はRC造住宅が多い

沖縄県では歴史的背景や台風への対策を考えられた、RC造住宅が多いことが大きな特徴です。とくに年配の方々は木造住宅の耐久性が低いと考えている方が多いため、年々RC造住宅を建てたがる方も増えているようです。

ただし最近では木造住宅も強度が高くなっているだけでなく、気候風土に適した家づくりができることから木造住宅にも注目が集まっています。

自然条件に合わせた家づくり

沖縄県は台風が多く天気が変わりやすい、また夏場は暑いなど気候の特徴が多いため、それに合わせた家づくりをすることが大切です。とくに下記のような3つのポイントは、快適に暮らす家づくりをする上で欠かせない部分なのでぜひチェックしてください。

日差しの調整

沖縄県は暑い時期が長く、また夏場の西日は室内の隅々まで熱を届けてしまうため、日差しは家を暑くしてしまう大きな原因となります。そのため家づくりの際には、西日をうまく遮へいできるよう調整することが大切です。

日差しを遮り室温が上がりすぎないようにすることで、エアコンなどの電気代節約にも繋がります。また冬場は室内が暖かくなるよう日差しを取り込めるようにするなど、うまく日差しを調整できる家づくりを行いましょう。

強風や台風対策

沖縄県の家づくりで欠かせないポイントと言えば、やはり強風や台風対策です。沖縄県は年間の平均風速が5m以上と、ほかの県に比べて風が強いため、風に対する快適性や安全性を重視した家づくりが重要です。

とくに台風などの強風への対策は大切で、耐力壁といって風など横からの力に抵抗できる補強壁を取り入れるのがおすすめです。また木造住宅の場合は接合金物で木同士をしっかりと繋ぎ、強度を高めることで安全性も高まります。

湿気対策

海に囲まれ台風も多い沖縄県は、1年中湿度が高い地域でもあります。そのため家の湿気対策も万全に行わなければなりません。湿気は家の劣化はもちろん、カビによる健康被害などにも繋がる家の大敵なので風通しのいい家づくりをすることが大切です。

木造住宅はRC造住宅に比べて湿気対策がしやすいとされています。生きている木を使っているからこそ、自然に吸放湿してくれ快適な室内環境やカビの発生しにくい環境を作り出してくれます。

沖縄県での家づくりは木造住宅がおすすめ

以前の木造住宅は耐久性が低く台風や高温にも対応できない家が多かったですが、最近ではRC造のような耐久性でありながらRC造よりも快適な住環境がつくれるとして木の家が注目されています。1年中快適で健康に過ごすためにも、ぜひ木の家を検討してみてはいかがでしょうか。

  • RC造の家が多いが、最近では木造住宅が注目されている
  • 耐久性も高く快適な住環境を整えてくれる木の家を検討してみよう

家づくりでありがちな失敗例!

家づくりでありがちな失敗例!の見出し画像

家づくりは人生で一度きりである方も多いため、できるだけ失敗したくないと考えるのは当然です。しかし実際には、費用や予算、業者などさまざまな面で失敗したと考えている方も少なくありません。ここでは家づくりの失敗を防ぐため何に気をつけるべきなのかを知るために、家づくりでありがちな失敗例をご紹介します。

間取りの失敗例

間取りは実際に住んでみないとわからない部分も多く、また安易に決めてしまったために住み始めてから失敗したと感じる方が多いようです。

たとえば家族が集まるLDKを住宅雑誌やネットに掲載されているような吹き抜けと階段のある開放感のあるおしゃれな間取りにしたら、冷暖房効率が悪く光熱費がかかるようになったという失敗はよくあります。

また子ども部屋を作ったけれど足りなかった、または多かったということもあるようです。とくに性別が違うきょうだいや年が離れているきょうだいがいる家庭では、早めに個室が必要になるケースも多く、仕切れる部屋づくりをしなかったことに後悔する方も少なくありません。

また、部屋の配置をよく考えなかったせいで眠りづらい部屋になってしまったり、上下階でうるさく落ち着けない間取りになってしまったりということもあります。そのほかにも収納が少ない・多い、水まわりの配置が不便など間取りに関する失敗は紹介しきれないほどあります。

間取りは家族の住みやすさや快適さはもちろん、成長や将来のことを踏まえてじっくりと考えるべき部分です。

費用面での失敗

費用面での失敗としてよく挙げられるのが、予算をオーバーするローンを組んでしまったというものです。設備や間取りにこだわりすぎて予算を超えてしまい、毎月の返済額が予定よりも多くなったために、毎月ギリギリの生活をしているという方も珍しくありません。

建てたときと5年後、10年後とでは経済状況や家族の状況が変わっている可能性も大きいです。長い目で見たときに、どんな状況でも無理なく支払っていける費用で家づくりをしていくことが何よりも大切です。そのためには営業マンの言葉に流されず、お金のプロとよく話し合い返済計画を立てていきましょう。

業者選びの失敗

家づくりの提案から設計、施工までしてくれるのは住宅メーカーであるため、やはりメーカー選びを失敗すると家づくりも失敗してしまう可能性が高いです。とくに依頼者の意見をなんでも聞いてくれ、言われたままに間取りや設計を作っていくようなメーカーは失敗の可能性大といえます。

素人の考えではどうしても無理が生じたり不足があったり、また予算をオーバーしてしまうこともあるでしょう。言ったまま、思ったままに建ててもらったら失敗したという例もよくあるので、しっかりと意見を言ってくれる業者を選ぶことが大切です。

  • 間取りの失敗例は多いため家族の今だけでなく将来も考えた間取りにすることが大切
  • 予算や業者は後々大きなダメージになる部分でもあるのでじっくりと考えよう

家づくりで失敗した点や後悔したことはある? WEBアンケートで調査!

ここまで、沖縄県の家づくりの特徴や家づくりでありがちな失敗例について解説させていただきました。ところで、実際に家を建てた人のなかで、家づくりに後悔している方はどれくらいいるのでしょうか?また、どのようなポイントを後悔するケースが多いのでしょうか?

そこで今回当サイトでは、家づくりに関するアンケート調査おこないました。それでは結果の詳細を一緒に見ていきましょう。

まずはじめに、住まいは「持ち家」か「賃貸」のどちらなのかを聞きました。

75%の方が「持ち家」と回答しました。7割以上の方が、現在持ち家にお住まいのようです。

続いては、先ほどの質問で「持ち家」と回答した方々に、家づくりで失敗した点や後悔した点があるかどうかを聞きました。こちらの結果は以下のとおりです。

家づくりで失敗した点や後悔した点はありますか?(複数回答可)アンケート結果画像
最も多かった回答は「失敗した点や後悔した点はない」で24%でした。全体の2割の方は現在のマイホームに満足しているようです。理想的な住まいを手に入れるためには、自身や家族の希望をリストアップし、それぞれに優先順位をつけて家づくりをすることが大切です。

とはいえ、はじめての家づくりで具体的な要望が思いつかなかったり、予算の範囲内で収まるか不安な方もいらっしゃるでしょう。そのような方は、じっくりヒアリングをおこない暮らしを快適にする提案をしてくれる住宅メーカー・工務店を選びましょう。

次に多かったのは「収納が少ない」で18%の方が選びました。生活をする上で欠かせないのが収納ですが、どれくらいの収納が必要なのかは実際に住んでみたいとイメージが沸きにくいもの。

また、収納スペースは量も大切ですが、それと同じくらい配置も重要です。適切な場所に収納スペースがないと生活が不便になってしまうでしょう。家づくりをする際は収納の量と、位置をしっかり考えましょう。

「日当たりや風通しが悪い」ことを後悔している方は9%でした。日当たりや風通しの良し悪しは、住む人の健康に影響を及ぼします。

日当たりや風通が悪いことで、湿気がこもりやすくカビの発生する原因になります。また、体内時計を整えてくれる太陽光を浴びづらくなってしまうので、生活リズムが崩れてしまうかもしれません。こちらもしっかり考慮して家づくりをおこなうことで、家族皆が健康的に住み続けられるでしょう。

アンケートの結果は以上となります。次の見出しでは、沖縄県の住宅メーカーの選び方についてポイントを押さえて解説させていただきます。

沖縄県の住宅メーカーの選び方

沖縄県の住宅メーカーの選び方の見出し画像

沖縄県内にもたくさんの住宅メーカーがあるため、どのメーカーに依頼すればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここではそんな方のために、沖縄県での住宅メーカー選びでチェックしたいポイントをご紹介します。

耐熱性や断熱性などの住宅性能

家族がより快適に健康に、そして安全に暮らしていくためには耐熱性や断熱性、耐震性や耐風性といった住宅性能にこだわった家づくりをしてくれる住宅メーカーがおすすめです。

とくに沖縄県は暑さや湿気、台風などの気候や天候を考えた家づくりが必要なので、1年中不安なく暮らせるような性能を提案してくれる住宅メーカーであるかどうかは必ずチェックしましょう。

とくに夏場の暑さを考えた耐熱性や断熱性、台風や風の影響を最小限に抑えてくれる耐風性や耐震性、そしてカビや湿気を防ぐ調湿性などを重視した木造住宅を得意とする住宅メーカーがおすすめです。

担当者の人柄や相性

家についての相談をするのも、間取りを決めたり設計をしてくれたり、またお金についてのアドバイスなどをしてくれるのもすべて住宅メーカーの担当者です。不安や疑問があってもすぐに解決してくれるような安心感のある人柄であること、そして話がスムーズに進むような相性のいい相手であると家づくりへの不安を感じません。

そのためには家族のことまで考えた対応をしてくれ、いつでも気軽に相談できるような担当者のいる住宅メーカーを選びましょう。もしも担当者と合わないと感じたら、遠慮なく変えてもらうことも家づくりを失敗しないために大切なポイントです。

保証やアフターサポート

家は建ててからの方が長く付き合っていくものであるため、保証やアフターサポートは必ずチェックしたいポイントです。たとえば定期的な点検や補修など、長く住むために必要な提案をしてくれたり万が一家にトラブルが起きた場合にすぐに対応できる体制を整えたりしている住宅メーカーなら安心です。

保証期間や保証の内容、またアフターサポートの内容は住宅メーカーによっても大きく異なるので、まずは公式サイトなどをチェックして安心できる内容を提案している住宅メーカーを選んでください。

理想を実現できる提案力や技術力

どのような暮らしがしたいかをヒアリングした上で、それを実現するためのさまざまな提案をしてくれたり、その提案をしっかりと形にできる技術力を持っている住宅メーカーなら、家づくりで失敗することはありません。

たとえばせっかく沖縄県に住むならリゾート感のある家がいいという方は、屋上テラスやプール、スパなどのある家づくりを提案し実現してくれるような住宅メーカーがおすすめです。センスも技術もあり、希望した暮らしをよりよくしてくれるような住宅メーカーを選びましょう。

  • 住宅性能が高く保証やアフターサポートの充実した住宅メーカーがおすすめ
  • 理想の暮らしを実現してくれるような提案力と技術力のある住宅メーカーを選ぼう

注文住宅を建てるときの流れや期間

注文住宅を建てるときの流れや期間の見出し画像

注文住宅を建てるまで、そして建て始めてからどのくらいの期間がかかるのかも知っておきたいポイントです。注文住宅が完成するまでの流れや、それぞれの目安期間などについてご紹介します。

予算の検討と家のイメージづくり

まずは家を建てる上で最も重要となる予算と家のイメージについて検討していくステップです。土地が必要な場合は土地も含めた購入代金が必要となるので、それも踏まえて予算内で建てられる家の間取りや外観、内装などを話し合いながらある程度決めていきます。

家のイメージづくりでは優先順位をつけて外せないポイントを考えていくとまとまりやすいです。予算も間取りも現在の生活だけでなく、将来を見据えて無理のない家づくりができるよう検討していきましょう。じっくりと話し合うために、1~2か月程度の期間を設けておくと安心です。

住宅メーカー選び・土地探し

ある程度予算やイメージができたら、住宅メーカー選びを行っていきます。各社得意としている工法やデザインがあるので、それを見ながら自分たちの希望を叶えてくれる住宅メーカーを見つけましょう。

また新たに土地を購入する場合は、住宅メーカー選びと並行して土地探しもしていきます。ただし土地だけ先行して購入してしまうと、建物の工事費とのバランスが取りづらくなってしまうので、土地探しも行ってくれる住宅メーカーに依頼するのもおすすめです。この期間は1~2か月見ておくといいでしょう。

間取りプラン・見積もりの提示と検討

ある程度依頼したい住宅メーカーが絞れてきたら、予算や要望、建築予定地を伝えて間取りプランと見積もりを作成してもらいます。この時点ではまだ一社に絞らず、提出してもらった間取りやプランを比較して自分たちに合うメーカーを見つけていきましょう。

住宅メーカー選びは家づくりが成功するかどうかの大きなポイントとなるので、できるだけ慎重に選び不安を残さないようにしておくことが大切です。じっくりと検討するために、1~2か月程度を考えておくとよさそうです。

工事請負契約(本契約)の締結・プランの決定

プランや見積もりを比較して依頼する住宅メーカーを1社に決めたら、住宅メーカーと工事請負契約を結びます。

工事請負契約書には工事のスケジュール、金額、キャンセルに関する規定などあらゆる項目が記載されているので、しっかりと読んで疑問を残さないようにしましょう。工事請負契約を結んだ時点で、前金として数万円から数十万円の支払いを行うことが多いです。

工事請負契約が締結されたら、詳細な建築プランの打ち合わせと決定をしていきます。間取りの詳細や内装や外装のデザイン、建材、住宅設備、着工日などの日取り、住宅ローンの本審査などを行います。建築プランの打ち合わせは一番ボリュームのある部分のため、3~4か月程度かかることも珍しくありません。

着工~引き渡し

建築プランが決定したら、いよいよ着工となります。着工前にはご近所へのあいさつ回りを行い、トラブルが起きないようにしておきましょう。また建築中はできるだけ現場に足を運び、進捗状況を確認したり職人さんたちとコミュニケーションをとることも大切です。

建物が完成したら自治体の完了検査を受け、引き渡し前に図面通りに建てられているかを立ち会ってチェックします。傷や汚れ、不具合などがないかを確認し、問題なければ引き渡しとなります。

引き渡し日には金融機関からローンが実行されて建築代金の支払いとなり、建物が施主の名義で登記されます。鍵や保証書などを受け取って説明を受けたら、入居可能になります。着工から引き渡しまでは4~6か月程度の期間が目安となります。

このように家づくりには多くのステップがあり、予算の検討から入居まで約1年前後かかります。こだわりによってはさらに長い期間かかる場合もあるので、期間を考慮して家づくりをスタートさせましょう。

  • 家づくりには全体で1年前後の期間がかかる
  • 焦って失敗しないためにも、早めに取り掛かることが大切

【FAQ】よくある質問


2022年における沖縄県の基準地価は、平均9万7,082円/㎡となっており、坪単価平均は32万934円です。


沖縄県では歴史的背景や台風への対策を考えられた、RC造住宅が多いことが大きな特徴です。とくに年配の方々は木造住宅の耐久性が低いと考えている方が多いため、年々RC造住宅を建てたがる方も増えているようです。ただし最近では木造住宅も強度が高くなっているだけでなく、気候風土に適した家づくりができることから木造住宅にも注目が集まっています。


間取り(イメージ)や予算(費用)の確認、業者選びが気を付けるポイントになるでしょう。


大きな流れは以下の通りです。
※状況によっては異なる場合があります。

①予算の検討と家のイメージづくり
②住宅メーカー選び・土地探し
③間取りプラン・見積もりの提示と検討
④工事請負契約(本契約)の締結・プランの決定
⑤着工~引き渡し

沖縄県で理想の注文住宅を建てよう!

多くの方がその気候や人柄、街並みに惹かれる沖縄県で快適な暮らしをするためには、理想を叶えてくれる住宅メーカー探しをすることが大切です。地域のことをよく知り、家族のことを考えた提案と確かな技術力のあるメーカーに依頼し、素敵な沖縄ライフをスタートさせましょう。

まずは気になる住宅メーカーをいくつかピックアップした上、資料を取り寄せたりお問い合わせをしたりして、これまでの実績などもチェックしてみてください。後悔しない家づくりをするために、信頼できる住宅メーカーを見つけましょう。

管理人紹介

家族の画像

はじめまして。こちらのサイトをご覧になっているということは、沖縄県で注文住宅をご検討されていることでしょう。

夢のマイホームワクワクの半面、必要な知識も幅広く大変なことも多いですよね。私自身も自宅の建築の際、苦労した経験があります。その際、たくさんの情報を調べておりました。

そこで、沖縄県での注文住宅でお困りの方に少しでも手助けとなるような情報を提供し、こちらのサイトを運営していきたく思います。おすすめ業者の紹介だけでなく、業者選びの際にチェックしておきたいポイントや理想の住宅を実現するためのお役立ち情報なども紹介しています。

こちらのサイトに訪れた皆様のお役に立てれば幸いです。

【沖縄県】住宅メーカーランキング!おすすめ比較表

アイム・ユニバース
アイムユニバースの画像
おすすめポイント
憧れのリゾート邸宅を実現!こだわりと理想をつめこんだ住まいをサポート
特徴
リゾート邸宅として、屋上テラスのある暮らしを実現可能。ジェットバス・浴室TVなどのハイグレードな設備が標準仕様。
住宅性能
国土交通大臣認定の、独自の制震ダンパーのAIM DAMPER[アイムダンパー]を導入しているため、台風が多い沖縄でも安心。
耐風性、断熱性など機能性に優れた「ヘーベルパワーボード」で夏は涼しく冬は暖かく、丈夫な住まいを提供。
商品・住宅ブランド&RESORT HOUSE、&RESORT HOUSE 琉球
問い合わせ
電話、問い合わせフォーム
会社・店舗情報
株式会社 アイム・ユニバース 沖縄支社
〒901-2114 沖縄県浦添市安波茶2-1-2 宮城ビル105
プレステージホーム沖縄
プレステージホーム沖縄の画像
おすすめポイント
木のぬくもりを感じられる注文住宅を提案!機能性も申し分ない住まいを実現
特徴
長期優良住宅のクオリティとメリットをそのままに、収納豊富な平屋住宅を実現。
住宅性能
夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるよう、熱損失、熱流入の激しい開口部の断熱を徹底。優れた断熱窓や断熱材を採用し、快適な室内環境を維持。
商品・住宅ブランド
デュークスパフェ、スキップフロア、空 andなど
問い合わせ電話、問い合わせフォーム
会社・店舗情報
プレステージホーム沖縄株式会社
〒900-0032 沖縄県那覇市松山1-1-19 JPR那覇ビル6階
クレバリーホーム
クレバリーホームの画像
おすすめポイント
住まいを建てたあとのコストに注目!家族が健康に暮らせる家づくりも提案
特徴
住まいの「品質」と「ゆとり」にこだわり、思いを満たす“ひとクラス上の住まい”をカタチにする。
住宅性能
外壁や窓、床・天井など、住まい全体で断熱構造にしている。自然の風や陽の光を楽しみ、一年中気持ちよく過ごせる。
商品・住宅ブランド
Vシリーズ、CXシリーズ
問い合わせ
問い合わせフォーム
会社・店舗情報
クレバリーホーム 那覇店
〒902-0065 
沖縄県那覇市壺屋1-33-12プラージュ壺屋1F
パナソニックホームズ
パナソニックホームズの画像
おすすめポイント
アフターサポートが充実!住む人の視点に立った住まいづくりが人気
特徴工夫を積み重ね、家全体で省エネを推進。心地よい環境と「空調+換気」にかかる電気代を一般的な全館空調に比べて約26%削減する。
住宅性能家族の安全と大切な資産をしっかり守るため、頑丈で耐久性が高い鉄骨と、優れた構造技術を採用。繰り返し発生する地震にも強い強固な構造体を実現している。
商品・住宅ブランドフォルティナ、カサート、カサート プレミアムなど
問い合わせ問い合わせフォーム
会社・店舗情報パナソニックホームズ 那覇新都心展示場
〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅2-11-17
タマホーム 沖縄営業所
タマホームの画像
おすすめポイント
良質さと低価格を兼ね備えた住まいづくりが人気!安心の保証サービスもあり
特徴
高い住宅性能をさらに進化させながら「大安心の家シリーズ」をはじめとした、住まい方にあわせた豊富な“良質低価格”の商品ラインナップを用意している。
住宅性能
基礎や構造などの強度にこだわることで、優れた耐震性・耐久性を備えた住まいを提供。
商品・住宅ブランド
大安心の家、木麗な家など
問い合わせ
電話、問い合わせフォーム
会社・店舗情報
タマホーム 沖縄営業所
〒904-0102 沖縄県中頭郡北谷町字伊平517番

記事一覧

投稿日 2023.01.15
誰もが一度は憧れたことがあるのはプール付きのマイホームでしょう。映画の世界で、海外の富裕層がリゾート施設のようなプール付きマイホームで暮らす様子を目にしたことがある人も多いのではないでしょう
続きを読む
投稿日 2023.01.15
縁側は日本の古きよき家屋によく見られるでしょう。そんな心落ち着く空間に憧れを抱き、もし家を建てるなら縁側を設置したいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、そんな縁側を取り
続きを読む
投稿日 2023.01.15
家を建てようとしている人の中には、屋上を作ってバーベキューをしたり、子どもが遊べるスペースにしたりするなど検討している人も多いのではないでしょうか。また、屋上を作ることで面倒になることはない
続きを読む
投稿日 2023.01.15
ロイヤルハウス 住所:〒901-1117沖縄県島尻郡南風原町字津嘉山433イストビル2階 TEL:0120-546-548 営業時間:9:00~18:00 定休日:土・日・祝日 沖縄県で、住
続きを読む
投稿日 2023.01.1
ユニバーサルホーム 沖縄店:沖縄県中頭郡北谷町伊平411-6 TEL:098-926-0255 営業時間:10:00~18:00 定休日:毎週水曜日・木曜日 全国にフランチャイズ展開をしてい
続きを読む
投稿日 2023.01.1
ユートピア設計ネットワーク 名護ショールーム:〒905-0009名護市宇茂佐の森4-2-15 TEL:0120-53-6944 営業時間:9:00~18:00 定休日:日曜日、年末年始 家を
続きを読む
投稿日 2023.01.1
ジブンハウス(株式会社琉信ハウジング) 住所:〒900-0032 沖縄県那覇市松山2-3-12 TEL:098-863-1994 営業時間:9:00〜17:00 シンプルで飽きの来ない白いハ
続きを読む
投稿日 2023.01.1
サイエンスホーム 沖縄店:〒901-1104 沖縄県島尻郡南風原町宮平342-4 TEL:098-888-0150 営業時間:9:00〜18:00 サイエンスホームは、ひのきにこだわり住宅の
続きを読む
投稿日 2023.01.1
イシンホーム住宅研究会(㈱沖愛ビルド) 住所:〒904-2173 沖縄県沖縄市比屋根1丁目11番3号 TEL:098-989-3307 営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜、隔週木
続きを読む
投稿日 2022.11.8
憧れの注文住宅の購入を決めたら、どんな間取りや外観にしようか、ワクワクしますよね。そんな中、注文住宅にテラスをつけたいと考えている方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、テラスとは
続きを読む
検索

【NEW】新着情報

誰もが一度は憧れたことがあるのはプール付きのマイホームでしょう。映画の世界で、海外の富裕層がリゾート施設のようなプール付きマイホームで暮らす様子を目にしたことがある人も多いのではないでしょう
続きを読む
縁側は日本の古きよき家屋によく見られるでしょう。そんな心落ち着く空間に憧れを抱き、もし家を建てるなら縁側を設置したいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、そんな縁側を取り
続きを読む
家を建てようとしている人の中には、屋上を作ってバーベキューをしたり、子どもが遊べるスペースにしたりするなど検討している人も多いのではないでしょうか。また、屋上を作ることで面倒になることはない
続きを読む